[ナンテン]日本の植物文様〜ナンテン|メギ科ナンテン属|エバーグリーン

      [ナンテン]日本の植物文様〜ナンテン|メギ科ナンテン属|エバーグリーン はコメントを受け付けていません
ナンテンの実は昔から薬として知られ、果実が白いものはシロミナンテンと呼ばれます

冬を彩る赤い実。この季節、庭先などでポッと赤い実が目に入ります。そこで今回はナンテンの文様をご紹介します。  … Read more »

[カキドオシ]健康志向で静かなブームのカキドオシ|シソ科カキドオシ属|エバーグリーン

      [カキドオシ]健康志向で静かなブームのカキドオシ|シソ科カキドオシ属|エバーグリーン はコメントを受け付けていません
開花:小楢山・山梨県(5月上旬)

陽当たりがよく、やや湿気を帯びた野原や道端で見かける「カキドオシ」を紹介します。 シソ科カキドオシ属のつる性の多年草で北… Read more »

2021年みんなが知りたかった植物ベスト10発表!|エバーグリーン

      2021年みんなが知りたかった植物ベスト10発表!|エバーグリーン はコメントを受け付けていません
2021年 みんなが知りたかった 植物ベスト10

  さあ、2021年もあとわずか。今年1年で多くのユーザーが質問をした植物をランキングを発表します! 詳しくは… Read more »

[ジュズサンゴ]陸の珊瑚粒〜ジュズサンゴ|ヤマゴボウ科ジュズサンゴ属|エバーグリーン

      [ジュズサンゴ]陸の珊瑚粒〜ジュズサンゴ|ヤマゴボウ科ジュズサンゴ属|エバーグリーン はコメントを受け付けていません
赤い実が艶やかで美しい

すでに時期は過ぎてしまいましたが、今年も渋谷の街角ではイチョウやハナミズキの葉が美しく色づいていました。紅葉を遠くに見に… Read more »

[モミジ]日本の植物文様〜文様としてはとにかく多いモミジ|ムクロジ科カエデ属|エバーグリーン

      [モミジ]日本の植物文様〜文様としてはとにかく多いモミジ|ムクロジ科カエデ属|エバーグリーン はコメントを受け付けていません
色紙に紅葉文 色紙取りという手法が使われモミジが描かれています。着物に描かれていた文様。

日本の文様のなかでも、四季を通じて描かれることがとにかく多いのがモミジ。今回はそんなモミジを紹介いたします。 &nbsp… Read more »

[イチョウ]日本の植物文様〜ご神木としてはとにかく多いイチョウ|イチョウ科イチョウ属|エバーグリーン

      [イチョウ]日本の植物文様〜ご神木としてはとにかく多いイチョウ|イチョウ科イチョウ属|エバーグリーン はコメントを受け付けていません
銀杏尽くし文 羽織に描かれたイチョウ。羽織裏にはツバキが描かれていた。

全国各地のご神木のなかでも、とにかく多いのがイチョウ。ご神木ライターでもある筆者泣かせのこのイチョウですが、文様で、とな… Read more »

[レンゲイワヤナギ]森林限界を超えた稜線岩場で力強く生きるレンゲイワヤナギ|ヤナギ科ヤナギ属|エバーグリーン

      [レンゲイワヤナギ]森林限界を超えた稜線岩場で力強く生きるレンゲイワヤナギ|ヤナギ科ヤナギ属|エバーグリーン はコメントを受け付けていません
レンゲイワヤナギ(7月中旬)

今回は、北アルプスと南アルプスの標高3,000mの高山帯に生育する「レンゲイワヤナギ」を紹介します。ハイマツより標高が低… Read more »

[コダチダリア]朕はダリアである〜皇帝ダリア|キク科ダリア属|エバーグリーン

      [コダチダリア]朕はダリアである〜皇帝ダリア|キク科ダリア属|エバーグリーン はコメントを受け付けていません
あっさりしたダリアらしい花が咲きます

思いのほか早く過ぎ去りそうな秋に未練しかありません。待ってくれないか。まだ冬を迎える覚悟ができていないんだ。いや、むしろ… Read more »

[ムカゴ]お庭レシピ 第34回 ムカゴ飯|エバーグリーン

      [ムカゴ]お庭レシピ 第34回 ムカゴ飯|エバーグリーン はコメントを受け付けていません
むかご発見!

むかご! 庭先でも大収穫。今回は、それを利用してむかごご飯を作ってみることにしました。   むかごってなに? … Read more »

[ケヤキ]古今東西 ご神木巡礼 番外編(茨城編6)〜別雷皇太神のしめ縄をしたケヤキ|ニレ科ケヤキ属|エバーグリーン

      [ケヤキ]古今東西 ご神木巡礼 番外編(茨城編6)〜別雷皇太神のしめ縄をしたケヤキ|ニレ科ケヤキ属|エバーグリーン はコメントを受け付けていません
しめ縄を巻かれているケヤキ

水戸の街で木を巡る 水戸で木を巡る小旅行をするなら一日乗り放題・特典付きっぷのバスを上手に利用するといいでしょう。筆者が… Read more »